バンドを組んで本格的なライブを!

ライブハウスのいろいろなお金の支払い方について

ライブハウスのいろいろなお金の支払い方について

ライブハウスには、様々なお金の支払い方法があります。
一番多いのがチケット制です。
前売り券と当日券があり、比較的に前売り券の方が安い場合が多いです。
ドリンクで、収入を得ているライブバーや、小型?中型のライブハウスでは、ほとんどの箱が1ドリンク以上のオーダーが必須となります。
1ドリンク代がチケットに含まれている場合もありますし、チケットとは別で当日支払わなくてはならない場合もあります。
チケット以外の支払い方法は、ミュージックチャージというシステムです。
飲食やお酒がメインで、演奏はBGM程度のお店では、その日に決められたミュージックチャージをお会計の際に、飲食代金と一緒に支払います。
ミュージックチャージにもドリンク込みの場合と、ドリンクが含まれていない場合があるので、気をつけてください。
そして、新人やアマチュアミュージシャンによく用いられるシステムが、投げ銭制です。
チケット代金やミュージックチャージは払わず、もし演奏が良かったら、小銭でも万札でも良いので、回ってきた箱に入れたり、お会計の際にチップとして払うシステムです。
様々な支払い方法がありますが、ライブのフライヤーや告知に必ず記載してありますので、ご確認の上ライブに行かれることをおすすめします。

アマチュアバンドがライブハウスでライブをする流れ

アマチュアバンドがライブハウスでライブをするには2つ方法があります。
一つは、ライブハウスやライブ運営会社が出演者を募集しているブッキングライブ(複数のバンドでステージを時間で割って共有するシステム)やイベントに参加したり、箱バンドとして採用される方法と、ホールレンタルで会場を借りて、ワンマンライブなどで、自らライブを運営する方法です。
前者の、出演者募集からライブをする方法は、ほとんどの箱は、チケットノルマ制をとっています。
決められたチケット数をミュージシャンが買い取り、その枚数以上売った分がミュージシャンの利益になるシステムです。
ホールレンタルは、半日単位や1日単位で、ホールを定額で借りる方法です。
ただ、アマチュアでまだこれからライブを始める方は、ライブハウスの出演者募集からライブに参加するほうが負担も少なくて良いです。
出演者募集から応募し、出演が決まったらライブの日時調整や値段設定等を行います。
そして、ライブのチラシ(業界ではフライヤーといいます。
)を箱に作ってもらうか、自ら作成して宣伝します。
ライブ当日は、入り時間が伝えられるはずなので、その時間までに機材を入り口前まで運び、すぐリハーサルを始めれるように段取りをします。
あとは、ライブを楽しむのみです。

『ライブハウス』 最新ツイート

recommend

実際に転職サイトを利用した看護師さんの口コミ・評判も多く公開しています。

ナースフル 口コミ

かっこいい、おしゃれでデザイン性の高いオリジナル表札を販売しています

表札製作

韓国での美容整形は、安心してお任せください。手術後のサポートも責任もって頂きます。

韓国 整形

横浜の人口集中都市での探偵実績が豊富にあります

横浜 探偵

包茎の人、銭湯でどうしてる?徹底アンケート!

風評被害対策の実績No.1!サジェスト汚染や誹謗中傷にお悩みの会社様は当社におまかせください

風評被害対策

国立市・立川市のトータルビューティーサロン

立川でメンズ脱毛体験

安全・安心と快適をお届けするマタニティウェアのトップブランドメーカー。

マタニティウェアの販売

2016/7/28 更新